IT サービス

お問合せ

  • 電話: 81-3-5806-1921
  • FAX: 81-3-5806-1922
  • Email: info@rayoo.co.jp


 

システム設計は上流工程として、比較的に高いレベルからシステムの全体構造と方式を考え、システムのモジュールの構造や構成を抽出し、これらのインターフェースを定義したうえ、相互関係を明確にする必要があります。システム設計は内部に対する考えを重視するだけでなく、システムのユーザ環境と開発環境の中でシステムについて全体的に考慮しなければなりません。

 

システム設計
システム設計は上流工程として、比較的に高いレベルからシステムの全体構造と方式を考え、システムのモジュールの構造や構成を抽出し、これらのインター フェースを定義したうえ、相互関係を明確にする必要があります。システム設計は内部に対する考えを重視するだけでなく、システムのユーザ環境と開発環境の 中でシステムについて全体的に考慮しなければなりません。

 

業界に対する深い業務理解と各種環境プラットフォームにおける豊富な技術の積み重ねにより、用友ソフトウェアエンジニアリングは先進的且つ適宜な設 計方法を採用し、専門システムエンジニアの指導のもと、お客様にハイレベルの優れたシステム設計製品を提供することができます。
  
プログラム設計
プログラム設計は下流設計です。システム設計を基に、システムの各構成モジュールを具体的に考慮し、その内部実現方式を設計して最小の設計ファクタを定義 します。プログラム設計が重視しているのは具体的な細部に対する考慮で、システム設計の成果を利用し、そのプロトコルにしたがってシステム設計を基に行っ ています。

 

用友ソフトウェアエンジニアリングではシステム設計のプロトコルに従い、各細部について十分考慮し、私たちの豊富な設計経験を武器にプログラムの設 計を完成し、最終的にお客様に優れたプログラム設計製品を提供します。 
  
ローカル化
システムのローカル化とはソフトウェア製品を特定の国あるいは言語市場の需要に基づいて全般的にオーダーメード開発を行うプロセスで、翻訳、再設計と機能 調整および機能テストが含まれています。ソフトウェアのローカル化は翻訳の正確性が必要だと同時に、テーマに関する専門知識も備えていなければなりませ ん。用友ソフトウェアエンジニアリングでは従業員の採用当初から厳しい審査を行い、ヒューマンリソースに関する専門分野には情報技術、言語、財務、銀行、 科学、機械、法律、環境および医薬などがあります。私たちがローカル化のサービスあるいは製品の成功を評価する基準は現地の文化に溶け込んでいるかどうか です。私たちは経験、ハードウェアツールとソフトウェアツールをパーフェクトに融合し、短時間且つ経済的にプロジェクトを完成することを保障します。

 

また私たちはお客様の時間と予算上の要求に応じてソフトウェアローカル化の方法を調整します。全世界に分布されている私たちの拠点、技術翻訳チー ム、ソフトウェアエンジニアリング部門と研究開発部門は力を合わせてお客様のローカル化のニーズのために統合したソリューションを提供していきます。
  
ソフトウェアテスト
ソフトウェアテストとはアプリケーションプログラムについてテストを行い、その機能、性能、有効性および外観配置などを検査することです。企業のヒューマ ンリソースが限られているため、同時にソフトウェアテストの作業は人員に対する需要が一定しないため、ピーク時に人手が不足し、閑散期の日常費用がかさむ ことになります。お客様のテストプロジェクトを全部又は一部アウトソーシングすることにより、予算内で期日どおりプロジェクトを完成することができると同 時に、安定した品質を保証することができます。用友ソフトウェアエンジニアリングが提供したソフトウェアのテスト作業はお客様の製品を市場に送り出す時間 を短縮させると同時に、優れたIT製品の品質を確保し、生産コストとメンテナンスコストを抑え、企業のコアコンピタンスを高めることができます。  

 

当社には専門的なソフトウェア品質保証とテストチームがあり、お客様の製品と開発環境に応じて人員配置を具体的に制定し、専門的で経済的なソフト ウェア品質保証と測定サービスを提供することができます。私たちのサービスがカバーするプラットフォームにはMacintosh、Windows 2000、Windows NT、Windows 95/98、UNIX、Linux、OS/2、大型サーバーおよび専用環境が含まれています。言語、機能、有用性と外観アレンジメントテストからロードと 性能テストまで、当社が提供する総合サービスには下記の内容が含まれます。

        →需要カバー率テスト          →圧力バランステスト 
        →機能カバー率テスト          →ソフトウェアモジュラーボックスシステムテスト 
        →パスカバー率テスト          →ソフトウェア限界テスト 
        →環境カバー率テスト          →ソフトウェア総合テスト