技術コンサル・PF提供サービス

お問合せ

  • 〒 111-0043
  • 東京都台東区駒方2-4-11
  • ヨシクニ駒形ビル 5F
  • 電話: 81-3-5806-1921
  • FAX: 81-3-5806-1922
  • Email: info@rayoo.co.jp

                                                                        福瑞医療プロジェクト



プロジェクトの背景:
中国の「インターネット+」の導入により、医療業界のインターネットへの統合のペースが加速しており、特に医療用APPは近年急速に発展しています。関連データによると、2013年現在、中国のモバイル医療市場は約22億元であり、2017年には約125億元に達すると予想されています。同時に、近年、中国の医師と患者の関係はますます緊張し、医療紛争が増加しています。医師と患者との間の紛争を解決する方法は、すべての側面を含む体系的な問題ですが、重要なポイントは、医師と患者との間の情報量の差によって引き起こされる誤解です。今日、情報技術の急速な発展により、モバイルインターネットは情報量の差の問題を解決するための効果的なツールとなっています。モバイルインターネットテクノロジーの統合で開発されたモバイルヘルスケアは、最新の医療および健康管理サービスの新しい形態です。
一方、保健省の調査報告によると、中国の慢性疾患の数は急速に増加しており、2億6,000万人が診断されています。現在、中国の慢性疾患(心血管疾患、癌、糖尿病、慢性肺疾患)患者は年率8.9%です。長い間、伝統的な中国の慢性疾患の治療には多くの「改善すべきポイント」があります。治療の長い待ち時間、診断と治療の一貫性の欠如、医師とのコミュニケーション不足、尊敬の欠如、治療終了後の管理の欠如などです。要するに、従来の診断および治療モデルは、患者が自分の疾患の完全な情報を得て、タイムリーに健康管理を行うことは困難です。慢性疾患が高負荷期に入り、医療サービスモードが治療から予防に移行するにつれて、慢性疾患管理の需要はますます激しくなっています。したがって、慢性患者人口専用のモバイル医療プラットフォームは、新たに必要とされる市場です。

顧客のプロファイル:

2013年初頭、福瑞株式会社は、肝臓病の専門病院と協力して、50を超える病院が参加した「肝臓健康管理センター」を建設し始めました。そして、100病院以上の参加をめざして、全国に慢性肝疾患のオフライン医療サービスのネットワークを形成する計画です。

肝臓健康管理センターは、主に優れた国立病院の肝臓病部門または肝臓病病院との協力モデルを通じて設立されました。肝臓病院の専門家は通常、協同病院から派遣され、会社は症例管理者を手配して医師を支援し、センターの肝疾患患者の症例カルテと状態の継続的な追跡を担当します。同時に、高度な医療機器を使用して患者をセンターでテストし、関連する医薬品を提供できます。

肝臓健康管理センターは、440,000人の肝疾患患者と3,000人以上の医師を集めています。同時に、PC側の医師と患者の相互作用管理システムは2013年に形成され、使用されています。

顧客のニーズ:

オンラインとオフラインを効果的に統合しながら、慢性肝疾患の分野で医師と患者のコミュニケーションと患者管理に焦点を当て、さらに以下の役割を果たすモバイルアプリを開発します。

(1)既存の肝臓健康センターで医師と患者リソースを再構築し、医師と患者の関係を改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、医師と患者が相互作用し、コミュニケーションするためのプラットフォームとなり、医師が患者を管理するためのツールになります。

(2)従来の肝疾患の診断と治療モードの「改善ポイント」を解決し、大部分の患者により便利で効率的かつ高品質のモバイル医療製品とサービスを提供し、既存の患者と医師のリソース間の相互作用を改善し、患者の経験と癒着を改善します。

(3)肝臓健康管理センターのラインと組み合わせたAPPを介して、伝統的な肝臓病の医療モデル、インターネットの革新的な使用、ビッグデータ、インテリジェント端末技術手段を打ち破り、慢性肝疾患の予防と制御を「モバイル健康管理」時代に誘導します。

(4)肝疾患管理の分野におけるアップストリームの医薬品生産、診断機器、ダウンストリームの患者管理の全産業チェーンのループを完成するよう会社を促進します。

 

具体的機能:

APPは、メンバーと医師の2つのバージョンに分かれており、AndroidプラットフォームとiOSプラットフォームの両方が利用できます。

患者側:
来訪者の経験、活動と情報、患者コミュニティ、解決策の発見、医師の発見、医師への相談、予約、医師への報酬、医師、医療記録、注文、予約、マネージャー、計画、費用のアップロード、個人情報、ヘルスロールの購入、フォローアップリマインダー、フォローアップ等。
ドクター側:
患者の表示、医療記録の表示、予約の表示と確認、収益の表示、私の患者、患者への応答、個人情報、訪問設定等。
プロジェクト開発の進め方:
福瑞の要求に応えて、瑞友グループはプロジェクトでアジャイル開発アプローチを採用しました。アジャイル手法は、製品の需要が急増し、急速に変化する状況に適しています。

(1)開発に対する人間中心の反復的な段階的アプローチ。
(2)顧客需要の本質から逸脱することなく、最大限に「漸進的反復、タイムリーな配信」を提唱します。
(3)コミュニケーションに焦点を当て、積極的な自己管理型の開発チームを新しいコミュニケーションスタイルで作成するのに役立ちます。


これにより、顧客のニーズに迅速に対応でき、開発プロセスが大幅に短縮され、開発サイクルが2〜3週間に短縮され、プロジェクト全体がオンラインになるのに約6週間しかかかりません。現在、アプリはバージョン2.4にアップグレードされています。