リソース

お問合せ

瑞友科技 中国ソフトウェア産業協会第7回副理事長企業に選出


2016年12月22日、北京で開催された中国ソフトウェア産業協会第7回会員代表大会ならびに第七回理事会第1回会議において、北京瑞友科技股份有限公司は中軟協副理事長企業となり、会長兼社長邵凯が中軟協副理事長に再選出されました。

今回の会議は、第6回理事会の副理事長王洪添が司会を担当し、工信部情報化とソフトウェアサービス業司長谢少锋が会議に出席し、重要な演説を行いました。会員代表200人余りが会議に参加し、審議を通じて中国軟協会議第6回理事会活動報告と『中国ソフトウェア協会定款』改訂稿などを通じ、中国軟協第7回理事会理事を選出しました。第7回理事会第1次会議で中国軟協副理事長を選出しました。

中国ソフトウェア産業協会は1984年9月6日に設立され、唯一中国を代表するソフトウェア産業協会であり、全国的に一級社団法人資格を持つ業界団体でもあり、民政部から授与した第1陣のAAA級の業界団体でもあります。今まで協会には1000社近くの直属会員企業に加え、各分会の会員で3000の企業があります。会員企業はソフトウェア企業を中心に、中国ソフトウェア及び情報サービス業の中で上位100位企業の多くが協会の会員企業となっています。それ以外にも、研究機関、短大、大学などが含まれており、幅広い範囲となっています。